内堀ブログ |株式会社リペアマイスター

042-708-9683

内堀ブログ |株式会社リペアマイスター

042-708-9683

blog

リペアマイスターからのお知らせや、最新施工実績・日々の出来事などを発信しています。

お問い合わせはこちら。塗装のお悩みやご希望、私たちが全て叶えてみせます!まずはお問い合わせください!

内堀ブログ

こんにちは、リペアマイスター内堀です。
今回のブログは付帯塗装についてご案内したいと思います。
付帯部分とは、雨樋、破風板、軒天井、水切り、雨戸など外壁や屋根部分以外を言います。
この付帯部も外壁や屋根ほどは目立ちませんが、塗装工事の中ではとても重要な塗装箇所になります。
今回は破風板編としてご案内していきたいと思います。
まず、破風板にも色々な種類が存在します。
1 ケイカルボード
・近代住宅ではもっとも使用されている破風板になります。セメント系材料になるので
劣化が進行すると、水分を吸収してしまいクラックや剥離が起きてしまう恐れがあります。
外壁や屋根を塗装する際は一緒に塗装して、ボードを保護する事をお勧め致します。
2 金属系
・金属系の天敵は錆になります。塗装の際にケレンによる錆の除去を行い、錆止めを塗布します。(重要)
錆が酷くなると、穴が空いたり破損の原因になってしまいます。
錆の対策として最近はガルバニウム鋼板を使用するケースが多く見られます。
3 木部
・木部塗装を行う際に必ずと言っていいほど起きている劣化が塗膜剥離になります。ウレタンやシリコンによる塗装がされていると木部の伸縮により塗膜が剥がれる現象が起きます。その現象をなるべく起きないようにする為に下地処理として行う、ケレン作業が非常に重要な項目になります。
破風板の塗装をボード仕様のお家を例に挙げご紹介します。
DSCN5588_compressed
P7240015_compressed

P7310129_compressed
P7310130_compressed
P7310131_compressed
P7310132_compressed
P7310133_compressed
DSCN5912_compressed
DSCN5953_compressed

このように塗装工事を行うと、見た目はとても綺麗になりますが、破風板は外部のため劣化が起きやすい箇所に変わりません。リペアマイスターでは現場調査を行い、適切な施工法や適切な施工時期を報告書にて詳しくご案内致します。
ボード・金属・木部などそれぞれに施工法があることをお客様にも理解して頂けるように分かり易くご案内したいと思います。塗り替えやお家のことでお困りのことがあれば是非、お問い合わせください!
町田市の外壁・屋根塗装専門店(株)リペアマイスター  内堀慎也