施工実績|実際に施工したBefore After写真もご覧いただけます。ご納得いただける外壁塗装の仕上りになること間違いなし

home > 施工実績 > O様邸塗装工事(町田市小川)

O様邸塗装工事(町田市小川)

物件データ

物件箇所 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装
外壁・屋根 外壁:ナノコンポジットW(低汚染塗料)
屋根:サーモアイSi(高日射反射率遮熱塗料)
工事期間 2017年7月6日より約2週間
担当営業 内堀
担当職人 坂口・藤田
ご依頼のきっかけ 知人からの紹介

建物診断の結果

    • s_DSCN1133
    • スレート瓦に退色・苔等の劣化が、板金部には釘の浮き等の劣化が確認できます。
    • s_IMG_4715
    • サイディングボード表面に退色・苔・チョーキング現象等の劣化が確認できます。
    • s_DSCN1151
    • ジョイントシール材に割れ・切れ等の劣化が確認できます。
    • s_DSCN1156
    • ベランダ床防水に苔・ひび割れ・汚れの付着等の劣化が確認できます。

工事中のレポート

    • 2017年7月10日
    • s_DSCF4556
    • 高圧洗浄 屋根
    • 業務用の高圧洗浄機により、塗装面の苔や汚れ、旧塗膜を洗い流します。
    • 2017年7月10日
    • s_DSCF4563
    • 高圧洗浄 外壁
    • 長年蓄積された汚れ等を落とさないと、塗料が外壁面に付着せず、短期間で剥がれが起きてしまいます。
    • 2017年7月10日
    • s_DSCF4570
    • 高圧洗浄 玄関前
    • しっかりと洗い残しが無いよう確認しながら、土間・窓・サッシ等含め洗い流しました!
    • 2017年7月11日
    • s_DSCF4581
    • 屋根棟板金下地点検
    • 屋根の一番高い部分=一番雨風に晒されている場所です。板金を外して下地を確認、腐食等の傷みの有無を確認します。
    • 2017年7月11日
    • s_DSCF4587
    • 棟板金新規釘打ち替え
    • 腐食等の劣化が見られませんでしたので、新しくステンレス製の錆びない素材の釘にて、きっちり打ち直します。
    • 2017年7月11日
    • s_DSCF4619
    • 付帯部 ケレン
    • 雨どい・破風板・鉄部等の各付帯部を、専用のケレン用具にて下地作りを行います。塗料の密着を良くする大切な作業工程です。
    • 2017年7月11日
    • s_DSCF4623
    • 付帯部 下塗り
    • しっかりとケレンを行った後、塗装面と中・上塗り材の密着性を高める下塗り材を塗ります。鉄部には錆止め効果も含まれた材料を使用しています。
    • 2017年7月11日
    • s_DSCF4630
    • 既存シーリング撤去
    • カッターを入れて、劣化した古いシール材の撤去作業を行います。後々の雨水等の浸入を防ぐためにも、シールの打ち直しは重要です。
    • 2017年7月11日
    • s_DSCF4672
    • シーリング処理
    • 接着剤を塗った後、新しくシール材を注入します。外壁の反り返りや腐食原因が起こりやすい箇所ですので、しっかり塞いでいきます。
    • 2017年7月11日
    • s_DSCF4669
    • シーリング処理 帯板天場
    • 帯板の天場部分も水が浸入しやすい箇所です。ここもきっちりとシーリングを行います!
    • 2017年7月13日
    • s_DSCF4647_
    • 屋根 下塗り
    • スレート表面と塗料のつなぎを良くするための接着剤という役目の他、表面を形成できる専用の下塗り材を使用しています。
    • 2017年7月13日
    • s_DSCF4655
    • 屋根 中塗り
    • 上塗り材塗装の1回目の様子です。塗料の特性をきちんと発揮するに必要な塗膜の厚さを形成するために、2回に分けて作業を行います。
    • 2017年7月19日
    • s_DSCF4657
    • 屋根 上塗り
    • 上塗り作業2回目の様子です。夏の暑さ対策に特化した、当社人気ナンバー1の遮熱塗料で綺麗に仕上がりました!
    • 2017年7月14日
    • s_DSCF4680
    • 外壁 下塗り
    • 上塗り材の性能に目が行きがちですが、塗装1回目の下塗りの作業は、塗装の寿命を大きく左右する重要な工程です。
    • 2017年7月17日
    • s_DSCF4723
    • 外壁 中塗り
    • 塗装面と上塗り材をつなぐ役目をはたす下塗り材をしっかり選び、上塗り材を塗装します。屋根同様、ムラなく均一に塗るため、重ね塗りが原則です。
    • 2017年7月17日
    • s_DSCF4726
    • 外壁 上塗り
    • 塗りムラ・塗り残しの無いよう丁寧に塗装します。雨水にて表面の汚れが落ちやすい「セルフクリーニング機能」を持つ塗料にて仕上げました!
    • 2017年7月17日
    • s_DSCF4691
    • 軒天井 下塗り
    • 直接雨水が当たりにくい軒天井ですが、逆に湿気がたまりやすい盲点ともいえる箇所です。内部への腐食を防ぐために塗装を行います。
    • 2017年7月17日
    • s_DSCF4695
    • 軒天井 上塗り
    • 当社では、浴室等多湿でカビが生じやすい壁面にも適した材料を使用しています。白色を採用することで、家全体の雰囲気も明るくなりました。
    • 2017年7月19日
    • s_DSCF4792
    • 付帯部 2次ケレン
    • 下塗り材と上塗り材との密着率をより上げるため、さらにケレンを行います。
    • 2017年7月19日
    • s_DSCF4801
    • 付帯部 中塗り
    • まずは上塗りの1回目です。ぱっと見、1回塗りでも問題無いよう見えますが、実際の塗膜の厚さはまだまだ不安定な状態です。
    • 2017年7月21日
    • s_DSCF4808
    • 付帯部 上塗り
    • 上塗りの2回目です。重ねて塗装することで、外壁・屋根同等の耐久年数に近づけることができます。細かい箇所こそ、しっかり施工を行います!
    • 2017年7月19日
    • s_DSCF4770
    • シャッター ケレン
    • ケレン道具を用い、表面の汚れ・錆び等を磨き落とします。前項同様に、大事な下地調整作業です。
    • 2017年7月19日
    • s_DSCF4775
    • シャッター 下吹き
    • 上吹きが美しく仕上がるための下地作りです。シャッターや雨戸は毎日開閉を行う箇所ですので、薄塗りを心がけます。
    • 2017年7月19日
    • s_DSCF4780
    • シャッター 上吹き
    • 専用のカップガンは繊細な職人技が必要ですが、刷毛筋が出ず均一に美しく仕上げることができます。当社でも勿論採用しています!
    • 2017年7月21日
    • s_DSCN4013
    • ベランダ防水塗装
    • ベランダは湿気が溜まりやすく、それによる劣化も進行しやすい箇所です。外壁等の塗装の際、同時に塗装されることをおすすめします。
    • 2017年7月21日
    • s_DSCF4789_
    • エアコンホース交換
    • 劣化していたエアコンホースの交換も行いました。ホースカバーの交換等、塗装以外にも気になる箇所がありましたらお気軽にご相談ください!
    • 2017年7月21日
    • s_DSCN4008
    • 最終点検
    • 外装劣化診断士より確認を行います。チェックが入った箇所をきっちり直し、最終点検完了です。O様、ご近所の皆様、ありがとうございました!

最近の施工実績

タグ一覧

月別アーカイブ

042-708-9683 お問い合わせ・お見積もりフォーム