point

home > 損をしない塗装業者選び5つのポイント

同じ塗料を使用する場合でも業者によって金額が全く違うことがあります。
比較して少しでも安い塗装会社を選んでしまいがちです。
でもちょっと待ってください。
価格が安いからといって本当にお得なのでしょうか?
他の業者と比較するときの損をしないための5つのポイントを教えます!

自社施工、自社職人の地元のペンキ屋さんで所在地が確認できますか?

所在地が明確で、お客様がご来社頂ける事務所があり、社員として働く職人、工事担当者と対面出来れば安心ですね!
<< リペアマイスター 会社概要 >>

見積書の内容が細かく記載されていますか?(使用する塗料の名前、何回塗りか、など)<br />
担当者から見積書の詳しい説明はありましたか?

業者によって見積書もさまざま。面倒かもしれませんが比較してみてください。
下地処理、塗料の塗布量など詳細な記載があり、担当者からの説明が明確で、お客様からの質問に根拠のある答えを提示できなければ要注意です!

施工中の細かな作業の写真を撮影し、工事完了後に渡してもらえますか?

施工内容を省けば本来の耐久年数まで塗装は持ちません。
手抜き工事がされていないか確認するために必要です。写真を提示できない会社は要注意です。

建設業許可書を持っていますか?

建設業許可とは、一定の審査基準を満たした事業所に許可されるものです。
意外に持っていない会社があるので要注意です!!

本当に自社施工、自社職人の塗装会社ですか?

塗装工事を行う会社は沢山あります。けれど、自社施工、自社職人の会社は実は少ないのが現実です。
会社に専門の職人がいなければ下請会社に依頼されることになります。
契約した会社から下請業者に仕事を依頼する時には、当然自社の利益を差し引いた金額で頼むわけですから差し引く金額によっては下請業者もいつも通りのよい仕事はできません。
あってはならないことですが、下請業者も利益が少しでもでるように下地処理をなくしたり、本来3回塗る作業を2回にして材料代を節約したりして、手抜き工事が行われていることも…。本来やらなくてはいけないものを省く訳ですから当然塗装は長持ちしません。
リペアマイスターは自社施工、自社職人です。
一定の利益さえ確保できれば、あとは工事に費用のすべてをかけられるので、職人本来の徹底したこだわりを持って工事を行うことができます。また、お客様の声をダイレクトに伝えられますので安心して工事をお任せいただけます。
よい職人は手抜き工事なんて本当はしたくないのです。納得のいく仕事をしてお客様に満足していただけることこそ、職人としての喜びなのです!リペアマイスターでは、安心、信頼して工事をまかせたいお客様と、納得する工事を行ってお客様に満足していただきたい職人が笑顔でつながる会社でありたいと思っています。

042-708-9683 お問い合わせ・お見積もりフォーム