ブログ/BLOG|リペアマイスターからのお知らせから最新施工実績・日々の出来事など発信します

home > BLOG

内堀ブログ

新年、明けましておめでとうございます!
今年もリペアマイスターを宜しくお願い致します。

2018始まりました。内堀ブログでも皆様により一層分かり易く、ご案内できるように努力していきたいと思います。

それでは、前回に引き続き付帯部塗装のご案内をさせて頂きます。今回は軒天井です!
塗り替え工事をするに当たり、軒天井は様々な劣化が見受けられる箇所になります。
例えば、軒天井の苔やカビ、酷い場合は軒天井が外れてしまっている(腐って)場合もあります。

s_DSCN8001表面はちょっとした劣化のように見えますが…

s_DSCN2309内部まで腐食していました!ここまで進行してしまうと交換工事が必要です。

軒天井はもともと太陽が当たりにくいのもありますが、屋根裏や壁の内部の換気を有孔板から行っており、湿気がたまり易い箇所になります。
そのため、カビや苔などは比較的発生しやすいのですが、「異様に黒くなってきた、シミが出てきた、腐って外れてしまっている」などの場合は原因が別にある可能性が充分に考えられるので、すぐにご相談ください!放置時間が長くなると状態が悪化する可能性がございます。

軒天井にも他の付帯部同様に、色々な素材が有ります。(ケイカルボード、ベニヤ板、合板など)
その中でも今回は使用件数が一番多い、ケイカルボードの塗装例をご紹介致します。

s_DSCN9741黒カビが発生しています。この状態であれば、塗装でカバーすることが可能です。

s_DSCN0194塗装後の写真です。これで次の塗装時(約10年後)まで安心です。

塗装することにより美観の向上、専用材料を塗布することで、防藻、防カビ効果を得ることが可能です。
但し、先に説明した状態の軒天井には劣化原因を調べ、必要ならば防水処置、軒天井の交換が必要になる場合がございます。
お客様がお家を見て、気になる所がございましたらご相談だけでも構いませんので弊社にご連絡下さい!
すぐに駆けつけます!

町田市の外壁塗装、屋根塗装専門店(株)リペアマイスター 内堀慎也


佐藤のつぶやき 23 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます!!
診断士の佐藤です。

2018年のスタートですね。本年もエンジン全開で頑張りますので
どうぞよろしくお願い致します!

リペアマイスターの年初めは、恒例の「書初め」から始まります!
それぞれの思いや目標を書いて今年のスタートを切りました^^

慣れない書初めなので上手ではないですが
思ったことを「文字」にして掲げるのは大事だと毎年感じますね。

そして菅原神社の参拝。
社員一同、正装にて地元の神社にご挨拶。

職人さんのスーツ姿は滅多に見れないので違和感・・・・
いやいや、普段と違って素敵です(笑)

□ 集合写真 □

IMG_3532

今年も昨年よりも前に進み、それぞれに「実り」ある一年になるよう
努力し、達成してリペアマイスターを盛り上げていきたいと思います!!

本年もどうぞよろしくお願い致します。






小さな事でも、気になる事がありましたら、
”住まいのかかりつけ医”として、弊社にお気軽にご相談下さい!

町田市の外壁塗装専門店リペアマイスター!外壁劣化診断士 佐藤でした。


年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社におきましては、来る下記期間、誠にかってながら休業とさせて頂きます。

■年末年始休業期間
2017年12月28日(木)~2018年1月7日(日)

それに伴い、上記期間のフォームからのお問い合わせにつきましては、
受付のみさせて頂き、2018年1月8日(月)より順次にご対応させて頂きます。
皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

-株式会社リペアマイスター-


内堀ブログ

こんにちは、リペアマイスター内堀です。

前回に引き続き、付帯部塗装のご案内をしていきたいと思います。
今回は雨樋の塗装工事をご案内します。
雨樋にも色々な種類があり、塗り方や使う塗料も異なります。

1、塩化ビニール製
この雨樋が一番多く使用されている雨樋となります。劣化現象として、色あせ、割れ、歪みなどが多く見受けられますが、割れに関しては塗装での修復は不可能なため交換をお勧め致します。塩化ビニールは塗料が剥離しやすい性質があるため適切な下地処理と塗料選びが重要になります。

2、金属製
最近、よく見かけるのがガルバニウム製の雨樋です。劣化現象として、色あせ、へこみなどが見受けられます。へこみの度合いにもよりますが稀に、交換が必要になる場合もございます。

3、銅製
銅製の雨樋は最近では見かけませんが、和風の建物に今でも設置してあります。塗装の必要もなく緑青などの風合いもとても素晴らしいですが、材料費がとても高価になります。

4、その他
アルミ製、ステンレス製などなど

このように種類の豊富な雨樋ですが、雨樋の塗装で一番のメリットは保護効果もありますが、やはり美観になってくると思います。外壁や屋根を塗装しても、雨樋の色あせ、塗膜剥離があるとバランスも悪く綺麗に見えません。そこで弊社工事の写真で雨樋の塗装(塩化ビニール製)をご紹介したいと思います。

001【BEFORE】


002【ケレン】


003【下塗り】


004【2次ケレン】


005【中塗り】


006【上塗り】


008【AFTER】


雨樋の塗装は簡単に思われがちですが、塗膜剥離などを防ぐために実は工程が多い工事です。
見積書に工事内容の記載が無い場合は、上記の行程が為されていない可能性があります。
弊社では工事の前後に必要な工事工程をご案内させていただいておりますのでご安心ください!

地域密着、完全自社施工(株)リペアマイスター 内堀慎也


佐藤のつぶやき 22 クリヤー塗装のタッチアップ

こんにちは!診断士の佐藤です。

年末にて何かとバタバタしてますが
お家の調査、施工ともに頑張ってます!!

皆さんも、風邪などひかないように気をつけてください。

今回は「クリヤー塗装」について書いてみようと思います。

そのままですが、透明の材料になり、現在の外壁模様を生かすことが出来るんです。
色を変えて塗装を希望するお客様もいるように
そのままのイメージを希望されるお客様もいらっしゃいます。

そんなクリヤー塗装をご希望されるお客様は出来るだけ早めの塗装を
おすすめしています。
クリヤー塗装の場合は透明なので外壁の劣化(クラック・剥離等)がそのまま見えてしまう
弱点があるからです・・・・。

ですが、安心してください!!
ここからが今回書きたかったことなんです。

・剥離して色が無くなっているところ
・クラックを補修したところ

などは「タッチアップ」を行なっていきます!
調色して色を作って目立たないように補修していくんです。

こんな感じです!!
↓ ↓ ↓ 

IMG_3868

IMG_3869

IMG_3870

IMG_3871

IMG_3880

IMG_3882

調色(色を調整して作る)して色を合わせていく技術は
まさに職人の仕事だといつも思います^^

補修箇所を出来る限り目立たないようにする作業
こういった細かな作業の一つ一つが大切ですね。

小さな事でも、気になる事がありましたら、
”住まいのかかりつけ医”として、弊社にお気軽にご相談下さい!

町田市の外壁塗装専門店リペアマイスター!外壁劣化診断士 佐藤でした。


カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

042-708-9683 お問い合わせ・お見積もりフォーム