ブログ/BLOG|リペアマイスターからのお知らせから最新施工実績・日々の出来事など発信します

home > BLOG > 内堀ブログ

内堀ブログ

こんにちは、リペアマイスター内堀です。

梅雨に入り、気温も夏日を超えて、雨と暑さとの戦いが続いております。
今回のブログは本格的な夏を前に皆様にお勧めさせて頂きたい(お客様からの問い合わせも多いです。)
塗料をご紹介したいと思います。

その塗料は”遮熱”塗料です!
木造住宅でお客様からのご質問や問い合わせで「二階の温度が暑くて、、、何とかならない?」
と言うご相談をよく耳にします。確かに近年の夏の暑さは尋常ではないので、これは私の感覚ですが
昔の夏よりも暑くなってきているように感じます。地球温暖化のせいか?
そこでお客様にご案内したいのが、遮熱塗料です。
以前に遮熱と断熱のちがいをご紹介しましたが、遮熱塗料とは熱を反射する作用が有る材料をさします。
それでは施工方法を写真でご紹介します。施工法は通常の塗料と変わりません。

s_DSCF0085【下塗り】


s_DSCF0100【中塗り】

s_DSCF0163【上塗り】


遮熱材料を塗布してどれくらいの効果が出るか?
メーカーのカタログ値では塗布前の屋根材と遮熱塗料を塗布した後だと表面温度で約30度の差がでます。
(気温や温度などで数値は異なります。)
実際、私も真夏の現場調査で屋根に上り触ってみるのですがかなり熱く、うっかり火傷してしまうくらいです。
が、弊社の使用している遮熱材を塗布すると、なんと!触れるようになります。(少し熱いですけど、笑)
効果の有無は改めて、真夏に計測してブログに公開したいと思います。
お家の中の温度が極端に下がるわけではありませんが、屋根の表面に熱がたまらないので塗膜の耐久性も
上がりますし、なによりエアコンの効きは向上が見込めます。(お客様アンケートでもご好評頂いております)

真夏に向けて省エネ対策、二階の温度対策などご相談がございましたら、
リペアマイスターまでご連絡ください!

外壁・屋根塗装専門店(株)リペアマイスター内堀慎也


内堀ブログ

こんにちは、リペアマイスター内堀です。

今回のブログはお客様からのご相談で、
「門灯の電球を交換したいのですが、ビスが硬すぎて交換が出来ない!」
と言うご相談をお受けして、対応させて頂いたことを紹介したいと思います。
私もドライバーで外すのを試みましたがかなり硬くビスの頭が潰れてしまうのもうなずけました。

S__11419679_compressed S__11419678_compressed


 
原因はアルミ鋳物が緑青を吹いて、ビスがかんでしまい硬くなってしまったと思われ、現地での取り外しは
不可能と判断して会社に持ち帰り、専用工具での取り外しを行ないました。
しかし、ここからがこの案件の難しいところで、取り外したビスは頭が潰れているので使うことが出来ません。
そこで、新しいビスを買いに行ったのですが、門灯に使われているビスは特殊なサイズで市販されていません。
仕方なく、1番近いサイズのビスを買い、代用しようと思ったのですが、
同行していた稲垣にリペア魂の火がつき買ったビスを元のビスのサイズにしようということになったのです。
そこからは私は見ていることしか出来ず、稲垣が買ったビスを旋盤を使い、切削して元のビスと同じサイズに
仕上げていきました。

S__11419668_compressed S__11419674_compressed_compressed


 
実際、同じ大きさにすることによりビスの緩みがなくなりズレや緩みが出にくくなります。
お客様立会いのもと、点灯式(大げさですけど笑)を行い久々の門灯の光を喜んで頂きました!

S__11419667__ss S__11419663__ss


 
一つ一つの工事にこだわりを持ち、お客様のご相談を全力で対応させて頂きます。
いつでもお客様の”ご相談”をお待ちしております!

町田市の外壁・屋根塗装専門店(株)リペアマイスター 内堀慎也


内堀ブログ

こんにちは、リペアマイスター内堀です。

桜も散り、初夏の陽気になって、職人たちの花粉症も落ち着いてきました!

今回のブログは前にもご紹介しましたが、最近工事件数が増えてきている、
”パミール”についてご案内したいと思います。
以前にご案内したときよりも更に年数がたっているので、現場調査で屋根を確認させて頂くと
”剥離”の状態がかなり劣悪に感じられます。

DSCN2802_ss DSCN2798_ss


 

パミールの施工方法はやはり、カバー工法が人気があり、コストパフォーマンスに加え、ランニングコスト
を軽減できるのが要因となります。その他に葺き替え工事も行なっておりますが、コスパに加え、塗装工事が
必要になってしまうのでやはりお勧めはカバー工法が良いかと思います。

DSCN0324_ss DSCN0330_ss


 

以前から言われてきたのですが、”パミール”は表面の層間剥離だけではなく、スレートを止めている釘にも
問題があります。分かりやすくお話をすると、水分を吸収したスレートから釘頭に水が廻り釘頭が錆に
よって取れてしまう現象が起こります。
そのためにスレートの落下などが起こり安全面でも弊害を起こしてしまいます。
(もちろん漏水の危険性も高まります)
そのため”パミール”の症状が確認できる屋根に関しては早めの処置が理想となります。
金額の事や施工方法など分からない事、不安な事などがあれば私ども
リペアマイスターにご相談ください!
現場調査を行い、わかり易くご案内致します。
梅雨に入り、雨が多くなる前がお勧めの施工時期になります。

町田市の外壁塗装・屋根工事専門店(株)リペアマイスター 内堀慎也


内堀ブログ

こんにちは、リペアマイスター内堀です。

いよいよ、春が訪れ桜も満開を迎えました。
職人も事務も私たち営業管理もリペアマイスターは花粉症が多く、みんなマスクを着けてがんばっています。笑

DSCN2265_ss DSCN2262_ss


お客様の中にも花粉症の方が多く、外にいる私たちに「がんばれ」の応援を頂いております!
とても励みになります。いつもありがとうございます!
さて、今回のブログはリペアマスターの工事が最近多く行われている場所はどこか?
をご案内したいと思います。
今、1番工事数が多いのは鶴川周辺、特に能ヶ谷の方にはご盛況頂いております。
2番目に多いのは成瀬方面、特に成瀬台で工事をさせて頂いております。
現在工事を施工している周辺でのご紹介などが重なり今はこの二つの地域での工事が多いですが
リペアマイスターは町田の中、色々な場所で工事をさせて頂いてるので、
町田市でこのシートを見かけたらお声をかけて下さい。

IMG_7938

現場監督、もしくは職人が対応させて頂きます!
4月7日は毎年恒例の桜祭りです!チョコバナナをお作りしてお待ちしておりますので
是非、金井グランドにお立ち寄りください!

町田市の外壁、屋根塗装工事専門店(株)リペアマイスター内堀慎也


内堀ブログ

こんにちは、リペアマイスター内堀です。

今回のブログは特別編になります。私的と言うか、会社的にと言うか、とてもおめでたいことがありました!
この度、弊社工事部長黒沢浩紀の結婚式があり、リペアマイスターの社員で招待して頂きました!

黒沢部長はリペアマイスターの中でも歴史が古く(若いですが)社員たちからも信頼があり、お客様からもとても評判が良い頼れる男です。
そんな黒沢部長がリペアマイスターの門を叩いたのは10代の頃になります。最初は右も左もわからない”最近の若者”に見えましたが、仕事をこなしていく中で黒沢部長はめまぐるしく成長していきました。
時には失敗し、くじけそうになりそうになる黒沢部長の姿を古くから私や社長は見てきていたので今回の結婚式はとても感慨深く、二人で少し涙目になってしまいました。
奥様もとても綺麗でお似合いの二人でした!幼馴染のふたりなので信頼関係も完璧とのことです。笑
これから大変な事もあると思いますが、二人で乗り越えて幸せな家庭を築いてもらいたいと思います!
S__116031502

S__18882565


予断でしたが、これからも皆様のお家を守るため社員一同、一致団結して精進していきますのでリペアマイスターをよろしくお願い致します!

町田市の外壁、屋根塗装専門店(株)リペアマイスター 内堀慎也


カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

042-708-9683 お問い合わせ・お見積もりフォーム